読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パズドラ女子ブログ

パズドラ女子が攻略情報とかつぶやく

花の奴隷

花の奴隷になりたい。

庭にいたら、散歩途中の近所のおじいさんが、「緑が濃くなったのう」と声をかけて行かれたが、濃くなったどころでなく、庭はジャングルになっているのであった。屋根の上までもみじが伸びているし。

先週末から、あれこれの木の枝が伸びすぎたのを剪定するとか、草ひきするとか、がんばっているんだけどね。

薔薇の根元に、桜を埋めたら、きれいな薔薇が咲くと、以前きいたことを思い出して、桜の枝を切ったので葉っぱを刻んで、薔薇の根元に撒いてやった。そのあとで、あ、葉っぱじゃなくて花びらだ、と気づいたけど、まあいいや。

庭はいま、都忘れがきれいに咲いてる。私は花の奴隷になんか、なっていないのであって、1年のほとんどを、ほったらかし。毎年よく花を咲かせてくれるなあと、きみたちほんとにえらいなあと、思います。

咲かない花もある。枯れてゆく花もある。牡丹もシャクヤクも、もう何年も花が咲かない。水仙たちも。アヤメも。

もっとちゃんと私が奴隷になれたなら、咲いたかしら、枯れずにすんだかしら。1年のほんの1日ほどを、反省するけど。

怠けものながら、年に一度くらいは憧れる。私は花の奴隷になりたい。

ツバメの雛が孵った。まだ小さくて巣から顔も出せなくて見えないけど、声がすこしずつ大きくなっている。親鳥たちは雛の奴隷。すごく忙しそう。

畑のいちご、火曜日108個。